スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The North Face ノースフェイス DHAULAGIRI GTX ダウラギリ!!!

11/18ですよね。

どうもゴエです。

今日は先日から言っていた山登りからの履き心地考察してみましょう。

10月なかばでしょうか六甲山に新神戸から登山しました。

履いていたのはこちら。
DSCN9151.jpg
「ダナーのマウンテンライトです。

ミドルカットのマウンテンブーツでインナーはGORE-TEX仕様です。

ホールド感、フィット感はバツグンですが登山となると数点気になることがでてきました。

まず重いですね。

頑強に作られているので安全性はとても高いのですがレザー&分厚いビブラムソールのおかげでかなりの重量となります。

この重さが時間が経つとかなりキツくなり最後の方はかなり足がしんどかったです。

険しい岩場とかは楽勝でしたが。

レザーのシューレースを変えずに登ってしまったのもダメでしたね。

ナイロンシューレースの方が伸縮性がありうまいことクッションとなってくれるため足への負担が少なかったと思います。

レザーシューレースは街用にした方が無難です。

これまでダナー最高!!!というスタンスでしたがちょっと考えが変わりました。

いや今でも大好きで信頼は揺らいでいないのですが本格登山においてはこのマウンテンライトはちょっと重過ぎるのでしんどいという結論になりました。」

続いて先週登った京都の大文字山の登山で履いたKEEN のコルティナMIDです。
大文字 コルティナ
「登山道も緩やかで気軽に登れました。

KEENは以前紹介しましたがトレッキングスニーカーと表現したように非常に軽いです。

フィット感は悪くないのですが少々つま先に遊びがありすぎて、長時間歩くとつま先が内部の靴先端にこすれて親指が痛くなってしまいがちという難点があります。

それを防ぐため親指には絆創膏を張ってテーピングを施していました。

しかしやはり軽量なのでふくらはぎやふとももへの負担は少なく全体を通してとても楽に登山できたと思います。

ゴツゴツとした岩場を歩くときはソールが柔らかいため足に岩の感触がつたわっていまいち安心はできなかったです。

低山トレッキングならば問題はないでしょうがけっこう険し目の山へは少し不安がありますね。

耐久度もやはり低いです。

ひんぱんにはいていたらソールがすぐなくなって使い物にならなくなると思います。

デザインはコロンとして好きなんですけどね。」

なんだか帯に短し、たすきに長しといったこの2足です。

そしてすれ違う登山客のブーツを観察していたんですが年配の方もカッコいいハイテク登山靴履いてるんですよね。

これはビックリしました。

レザーのマウンテンブーツ履いてる人ひとりもいなかったですよ。

ちょっと前まで全員ダナーライトやマウンテンライト履いてると思ってました。

ということで最近の登山靴について調べ始めました。

もちろん頑丈かつ、それでいて軽量で、ハイテクでカッコいいやつを。

やはり今登山が流行っているだけあってさまざまなブランドが登山靴を販売しております。

スポーツブランドの登山に使えるスニーカーもいろいろ検討してみました。

NIKEやニューバランス、アディダスなどなど。

アウトドアブランドの登山靴も

コロンビア、ノースフェイス、Hi-TEC、もうお腹いっぱいですよ。

そしてこれに決めてみました。

今回のタイトル通りにThe North Face ノースフェイスを選んでみました。

これはなかなかのモノですよ。

ビックリしますよ。

はいドン!!!

0031.jpg
「The North Face ノースフェイス DHAULAGIRI GTX ダウラギリ!!!

赤っ!!!

派っ手ーーー!!!

絶対エヴァ2号機をモチーフにしてますよこれは。
デザイナーはオタクなのかな?
eva_2.jpg
劇場版が昨日公開ですね、早く見に行きたいです。

人生でこんな派手な靴を買ったのは初めてです。

世界で7番目に標高の高い山ダウラギリの名を冠したモデルです。

8,000m峰14の山のひとつですね、強気なネーミングだと思います。

ノースフェイスのマウンテンブーツの中でも上位に位置するブーツのようですが本格登山をたしなんでいる方には不評のこのデザイン。

デザインに切り替えしが多すぎて障害物に引っかかる不安があるとか言われているようです。



しかし軽さ、頑丈さ、GORE-TEXを使ったハイテクっぷり。

ハイカットなので足首のホールド感も申し分ないです。

僕が求めた条件を満たしていると思います。

履き心地は非常に軽やかでとても良いです。

これならばけっこうな山へも登れるんじゃないかな?」

067.jpg
「vibram社との共同開発のソールがゴツくて非常に安心感があります。

山の斜面をがっちりキャッチしてくれることでしょう。」

061.jpg
「全方位派手ですね。

赤い靴ってのは気分が高揚しますね。

僕けっこう地味な格好で山登りするので足元くらいは派手でもいいかな?

って自分を納得させました。」


065.jpg
「一応ユーズドで購入しましたがほぼ新品の状態です。

サイズはUS9で27cm相当です。

KEENがUS8.5でつま先に少々窮屈な感じがあったのでワンサイズ大きめにしました。

これでそこそこ安心して登山に興じることができそうな気がしております。

来週軽めのトレッキングに行くのでとても楽しみです。

目立って良いと思います。

またその時は履き心地考察しますね。」

私のオークションブースはこちらです↓ 





ブーツ部門「SHOP BROHAM」 ヤフーオークションへ














スポンサーサイト
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
プロフィール

goe56

Author:goe56
Dannerのことが知りたいやつはブログを見るが良い。
他のブーツは気が向いたら触れるつもり。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
検索フォーム
通常使用している靴用クリーム
ブラウン系のブーツに使用するクリーム
ブラック系のブーツに使用するクリーム
仕上げ用のシューズブラシ
このセットでシューケアはほぼ網羅できるはずです。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。